生徒さんの声

暗記ではなく、時と場面で適切に使えるようになる那須香菜子さん

那須香菜子さん

那須香菜子さん

バンクーバーに来て、日本語でgrammarを習うとは予想もしませんでしたが、この学校に通えてとても良かったです。きっかけは友人に誘われ、とりあえずトライアルだけでも受けてみようということになったのですが、トライアル後、迷うことなく即決で授業を受けることを決めました。なぜなら、日本で教わった間違った英文法を覚えているということを痛感させられたからです。
書き換え問題で同じ意味と思っていたものが、実は全然違う意味になったり、関係代名詞で何が一番適切かを選ぶことができるようになりました。また、自分では大丈夫と思っていた基礎の部分も、細かく見ていくと知らないことや、間違えて覚えていた所もあり、とても良い復習となりました。授業は全てがわかりやすく、日本の学校では習わない細かいところまで学ぶことができます。例えば前置詞についてです。それぞれが持つ意味とニュアンスさえ覚えておけば、熟語として暗記する必要はなく、時と場面で適切に使えるようになります。日本の授業では、よく使われる場面を熟語として覚えさせられますが、その場面でしか使えず、またそのフレーズしか目にしたことがないので、違う場面でも使ってしまいがちです。そのようなことを無くすためにも、熟語で覚えるのでなく、どうしてそうなるのかという理論を学ぶことが大切だと感じました。また、Iaxsの良いところは、好きな曜日、時間帯を選ぶことができ自分のペースで学習できるところだと思います。私は、朝から午後3時くらいまで他の語学学校に通っていたので、そのあと自分の予定に合わせて勉強できた点はとても良かったと思います。また、授業前、授業後の小栗先生との雑談も私にとっては有意義な時間でした。カナディアンの生活についてや、教員志望の私に、カナダの教職の制度、また普段の生活での英語の疑問点、質問まで快く聞いてくださり、人生の先輩としてもたくさんアドバイスをいただきました。私の夢は、中学校の英語教師なので小栗さんに教えていただいたこのメソッドを私の生徒、そして他の英語教師の方と共有していけたらいいなと思います。受験英語ではなく、将来きちんと使える英語を教えていけるように、小栗先生に教えていただいたことを基礎にし、さらに頑張っていきたいです。短い間でしたが、とても素敵な授業をありがとうございました。

曖昧だった部分を理解でき、自信を持って英語で話すことができるように。神戸政広さん

神戸政広さん

神戸政広さん

私は日本で大学院生として研究をしており、その研究論文を英語で書きたいと思い、バンクーバーに語学留学に来ました。私は元々英語が好きではなく、高校時代からほとんどと言っていいほど英語の勉強をしていませんでした。そのため、大学時代に受けたTOEICは275点で、バンクーバーに来てからも英語を勉強することは、私にとって苦痛でした。
それでも、毎日勉強をすることで徐々に英語を理解できるようになりました。しかし、勉強することで多くの知識を身につけることができたのですが、willとbe going toの使い分けや現在完了形の使い方など頭では理解していても、 会話で使う時に正しい使い方ができているのか不安になり話すことができないということが何度もありました。また、私は学生ビザで来ており同じESLで10ヶ月間勉強していたため、4ヶ月を過ぎたあたりから、マンネリや伸び悩みを感じ始めました。このままではいけないと感じていながらも何も解決法がなく悩んでいたところ、友達から小栗先生のクラスを紹介されました。はじめは、TOEICの勉強がしたいと思いトライアルレッスンを受けたのですが、小栗先生の授業を受け今まで曖昧だった英文法を簡単に理解することができました。トライアルレッスン受講後、すぐに小栗先生の文法とTOEIC対策の授業を受けることを決めました。私はその時、もっと早く小栗先生に出会っていたら、最初からもっと英語を楽しく勉強することができただろうと思いました。小栗先生の授業を受けてから、曖昧だった部分を理解することができ、私は自信を持って英語で話すことができるようになりました。また、ESLでも一番下のレベルのクラスから最終的に一番上のクラスまで上がることができました。小栗先生にバンクーバーで会えて、授業を受けることができて本当に良かったと思っています。バンクーバーに来た時、英語が好きではなかった私が今ではもっと英語を勉強したいと思うようになりました。日本に帰ってからも小栗先生の文法書をバイブルとして、英語の勉強や英語論文の作成を頑張りたいと思います。
本当にありがとうございました。

TOEICスコア
275点 ⇒ 750点(475点アップ!)

10時間のTOEIC攻略法と独学で200点近く点数が上がりました市村麗奈さん

市村麗奈さん

市村麗奈さん

今日まで指導していただき本当にありがとうございました。私のバンクーバー生活は小栗先生の授業でガラッと一変しました!!先生の授業を受け始めたのはたしか夏ごろで、語学学校もバケーションを取っていました。しかし、学校に通ってスピーキングやリスニング力は伸びていると感じていたものの、文法については伸びているという実感がわきませんでした。
ネイティブの先生に文法を習っていましたが、生まれた時から英語を無意識に話せる人から文法の使い方やニュアンスの違いを聞くことはとても難しいと思いました。なので、日本人から文法の使い分けを日本語でしっかりと学びたいと思い、探していたところ先生に出会いました。先生の授業は毎日が驚きの発見で、常に新しい考え方を学ぶことができました。少し単語の使い方が違ったり、コンマを打つか打たないかでその文章のイメージが変わるなんて思ってもみませんでした。今では他の友達に文法を教えたり、学校のライティングの授業では常に1番の成績をとれるくらいになりました。さらに、日本に帰ってからのためにTOEICにも力を入れました。リスニング、リーディング共に先生に解き方を教わり、自分では図書館にある問題集の模擬テストをしっかり時間を計ってひたすら解きつづけました。その他にも新聞を見て、自分の興味のある分野を読んだり、DVDを借りて1回目は字幕なし、2回目は英語字幕ありで見たりして、常に英語に触れるように努力しました。しかしながら、先生のTOEICの解き方を知らなかったら時間内にTOEICの問題を終わらせることはすごく難しいと思いました。今では英語を読んだり聞いたりすることが大好きです。英語の時制や助動詞、関係詞を見ると、頭の中でその文章の状況を具体的に想像することができるからです。日本に帰ってからも勉強を続けていきたいと思います。そしていつか無意識に正しい文法の使い方をできるようになろうと思います。本当に今までありがとうございました。

TOEICスコア
675点(2011年8月) ⇒ 865点(2011年11月)

ネイティブと共に働くまでに成長しました中村洋士さん

中村洋士さん

中村洋士さん

私はバンクーバーに来て約半年がたったころ、なかなか英語が上達せず、何が原因かもわからないまま伸び悩んでいました。そんな時に小栗先生に出会い文法の重要性に気がつき、
今ではインターン生としてネイティブと共に働くまでに成長しました。海外留学生の多くは英語環境に身を置くことでリスニングとスピーキングスキルの改善を期待していると思います。たくさん会話をし、より多くの英語を聞くことはもちろん重要ですが、小栗先生の授業を受けて以来、それらのスキルは文法を学ぶことによっても磨くことができるという事に気づきました。私の場合、文法をしっかり理解できるようになって以来、自分の英語が正しいと確信できるようになったので、臆することなくはっきりと物事が言えるようになりました。さらにリスニングにおいても文法をしっかりと理解すれば、相手の言っていることが聞き取れない時でもある程度推測することができます。このように私の英語は授業を受け始めてから飛躍的に伸びました。小栗先生の授業は基本的にネイティブが使うような自然な文法の習得を目的としており、私のように大学受験で英語を勉強した方にとって小栗先生の授業は驚くことが多いと思います。そしていかに受験勉強が実践的でない英語なのかということに気づかされました。さらに私が教わった内容はネイティブとの会話や語学学校では直すことのできない内容だと思います。なぜならネイティブとの会話では少々間違った文法、語彙を使っても理解してくれることがよくあるからです。そして理解できる以上そういった間違いをわざわざ直してくれる人はほとんどいません。そんな中、小栗先生に出会い少しでも早いうちにJananese English を修正できたことは本当運が良かったと思います。

TOEICスコア
720点(2011年8月) ⇒ 875点(2011年12月)

ESLで覚えるしかないと言われたことを、しっかりと説明してくれる王 庄寧さん

王 庄寧さん

王 庄寧さん

例えば目の前に外国人がいて「私は」と「私が」の違いを教えてほしいと言われた時、あなたは明確に説明する事ができますか?
私は高校、大学と約7年間上海にいました。その時アルバイトで日本語教師をしており、ネイティブがノンネイティブに文法を教えるという難しさをひしひしと実感しました。
発音は治せても、文法を考えて話したことのない言葉を理屈で説明するというのは本当に難しいんです。逆に中国人日本語教師は発音はもちろん訛りがありますが、文法は完璧に説明しておりました。ネイティブは感覚で話します。私たちが日本語を感覚で話すのと同じように、ネイティブはいちいち主語の次は動詞などそんな事を考えて話したりしません。でもノンネイティブは感覚がないのでそんな事はできません。
そんな経験があってのバンクーバー、私はネイティブに英文法を習うという事に不安を感じていました。ESLの初日、「やっぱりこれではスピーキングは伸びても文法は絶対だめだ!どうしよう…」と悩みながら学校を出たとき、なんと校門で偶然上海の高校の後輩にバッタリ。その隣にいた人が同じESLという事で、現状の悩みを話したら小栗先生に紹介してくれました。本当にすごい出会いでした。先生の授業は本当に楽しくて、全く基礎がない私でもわかりやすく説明してくれました。ESLではただ覚えるしかないと言われた事でも、
しっかりと説明してくれるので、理由を説明してくれないと納得がなかなかできず、呑み込めない私にはぴったりでした。
英語を使っている人達がどういう感覚で話をしているのか、それを教えてくれるのが小栗先生の授業です。シンプルにイメージをする。簡単そうで難しい事でしたが、先生がわかりやすく、しかも面白く教えてくれるので、2時間があっという間でした。先生のおかげで、英文法だけでなくESLの授業も助けられました。英語で説明してもらってもわからない事を、先生に教えてもらうとあっという間に解決できました。
私は最後の5回にTOEICの授業をとりました。TOEICのコツや勉強方法を全く知らなかった私にとって、それも本当に貴重な授業でした。
まだまだ英語は発展途上の私ですが、先生から学んだことを生かして、英語、中国語、日本語の3か国語ができるトリリンガルになりたいです。本当に、ありがとうございました。

シンプルにイメージする。これだけです。中村 文香さん

中村 文香さん

中村 文香さん

まさか、異国の地カナダ・バンクーバーで日本語のチュータリングを受講するとは夢にも思っていませんでした。
英語に苦手意識を強く抱いていた訳ではありませんが、なかなか自分の考えをストレートに表現できず、TOEICの点数も伸び悩んでいた頃に半信半疑で受けたトライアルレッスン。受験英語で完全に固まった私の頭は完全にOGURI METHOD にはまってしまいました。
学校と教室を往復する毎日がスタートし、先生に何度も「(受験英語で)がちがちだね〜」と言われたことを思い出します。授業を受けていくうちに、私自身どれだけ難しく複雑に考えているのかを痛感しました。私たちの脳は驚く程ガチガチに固いです。
簡単に、シンプルにイメージする。これだけです。頭の中でイメージするだけで今までとは全く違う英語感覚を手に入れました。授業は常にイメージが中心で、イメージが見えずに苦しんだこともありました。なかなかGIVE UPさせてもらえず、少しだけ先生が嫌いになったことも正直ありました。笑
ですが、GIVE UPさせない理由もしてはいけない理由もよく理解しています。
1ヶ月というかなりの短期間で詰め込みましたが、確実に私の中の英語に対する想いは変化しました。OGURI METHODで英文法を学んだことで、相手の心情が少しでも分かったり、圧倒されていただけの学校で多く発言する友人の文法の間違いに気づいたり。以前よりも英語を身近に感じ、自信を持って話せるようになりました。騙されたと思って試してみる価値は120%あると思います。
私個人の感想としては、この1ヶ月が消費にならないように、これからもっともっと英語センスを磨こうと思っています。そして日本でOGURI METHOD を1人でも多くの人に広げ、日本の英語を少しでも変える手助けができれば幸いです。
短い間でしたがお世話になりました。本当に楽しかったです。
ありがとうございました!!!

英語を勉強するのが好きになりました!!谷 絵里香さん

谷 絵里香さん

谷 絵里香さん

小栗先生との出会いは、バンクーバーへの語学留学で最もラッキーな出来事でした。カナダに来て2ヶ月、英語が伸び悩み、モチベーションも下がってきていた頃、友達から小栗先生のトライアルレッスンを紹介してもらいました。
友達は、「英語に対する考え方が変わるめっちゃ面白い授業があるから!」と、かなりハードルを上げてきましたが、レッスンは、そのハードルをはるかに超える衝撃的な内容でした!!今まで何となく分かった振りをして使っていた文法が、実は相手に間違ったニュアンスを伝えてしまう表現だったり、日本の英語教育では「どちらでも使える」と習ったことが、ネイティブスピーカーはきちんと使い分けていることが分かり、ネイティブと同じ様に喋れるようになる為には、先生の授業を絶対に受けなきゃ!と思い、20回レッスンを受けることを即決しました。レッスンを受け初めてからも、衝撃と感動の連続で、授業を受けた帰り道は、いつも満ち足りた気分でした。英語を勉強するのもどんどん楽しくなり、英文を読むのも書くのも全く苦じゃなくなりました!!レッスンを全部終えた頃には、文法にはかなりの自信を持てるようになりましたし、英語力ももちろん飛躍的に伸びました。また、先生は、生徒のモチベーションを上げる天才です。長い留学生活では、英語の勉強をサボりそうになる時期もあります。でも、そんな時、小栗先生と話をしていると、「頑張らなきゃ!」と思えるのです。そのおかげで、有意義な留学生活を送ることができました。小栗先生には、本当に感謝してもしきれません。小栗先生との出会い、そして小栗式メソッドとの出会いは、私の人生を変えました。先生と出会うまでは英語に全く自信がありませんでしたが、今では、周りの人にこのメソッドを教えたいと思うまでになりました。
ネイティブと同じ様に英語を使えるようになりたい!という方には、是非とも受けていただきたいレッスンです!!今まで受けたどの授業よりも面白く、英語を勉強するのが好きになりますよ!! 小栗先生、本当にありがとうございました。更なるレベルアップを目指し、先生から教えていただいたことをいつも意識し、英語を勉強し続けようと思います!!

英語を学ぶことが楽しくなる!!東大地さん&岩切尊さん

東大地さん&岩切尊さん

東大地さん(左)&岩切尊さん(右)

東大地さんのコメント
小栗先生の授業は、発見と驚きの連続でした。今まで知らなかった、英語の根底にある法則を理解するだけでも文法に対する理解の仕方が大きく変わりました。日本語を考える時と英語を考える時の相違はどこにあり、英語脳とはどういう発想のことなのかを教えていただきました。また、日本では同じ意味をもつ単語は置き換えて使うことができると習いましたが、ネイティブたちは気分でそれらを使っているのではなく、その単語に含まれる本意を理解した上で使い分けているのだと知りました。同じ意味などなく、場面や状況に合った単語を選ぶことで、よりネイティブに近い表現ができるのだと知り、日ごろから心がけるようになりました。
たとえば、能力を表す「can」と「be able to」の違いでも、それぞれに本意があり知らなければ、間違った表現をしてしまうおそれがあります。このほかにも、今まで同じだと思っていた表現が、話し手の意識や場面で変わってくるものがまだまだたくさんあります。毎授業が本当に刺激的で、なにより楽しかったです。
改めて自分の英語脳がどういう発想をしていたのかを認識でき、改善することができました。受講前よりも自分の文法が正しいと自信が持てるようになりました。英語の理解の仕方や、本質を学ぶ大切さ、それらを通して英語を学ぶ楽しさを教わったと感じています。
本当にありがとうございました。
岩切尊さんのコメント
初めて先生の授業を聞いたときとても衝撃を受けました。というのも今まで中学校、高校と受けてきた授業とはまったく違うものであり、それは私の中の英語の対する意識を180度変えてくれたからです。授業のなかで、英語を理解していく上で重要なことは、英語脳を作り英語を文章だけでなくイメージも加えて考えていくことだと教わりました。例えば、前置詞は一つ一つにそれぞれのイメージがあり、その基本イメージを抑えることで今までただ暗記するだけで、
文章を読むときもなんとなくとしか捉えていなかったものが、今では前置詞ひとつで時に作者の伝えたいこと、文章の背景も想像することができます。このことを理解することは、早ければ早いほど今後英語を学ぶ上でとても重要になってくると思います。英文法とは英語のルールつまり基盤です。喋るにしろ聞くにしろまずルールがわかってなければ完全に把握することはできません。はじめの段階で先生の授業によりしっかりと基盤を築けた私はラッキーだと思います。今まで正直英語の勉強は苦でならなかったです。というのも、英語をしっかり理解せずテストの為にしか勉強してこなかったからだと思います。しっかり理解さえできれば英語を学ぶことはとても楽しいことだと先生の授業を通して気づくことができました。
今まで英語ができなかったのは勉強をやってこなかったから、やればだれでもできるようになる。先生の言葉を胸にこれからもがんばります。ご教授ありごとうございました。

英語スキルゼロからのスタート中嶋恭一さん

中嶋恭一さん

中嶋恭一さん(左)

私が、バンクーバーに来る以前は、英語は全くと言っていいほどの無知の状態でした。
その理由として、高校は工業関係、大学はというと自動車関係、私には英語を学ぶという機会すらありませんでした。
そしてこのバンクーバーにやってきた訳ですが、もちろんESLに通っていますが、理解できる訳がなく毎日が苦痛でした。そうして、たまたま知り合いの方に小栗先生の話を聞き、トライアルレッスンを受講しました。小栗先生の説明はとてもわかりやすく、ひとつひとつの文法に関して本質を教えていただけるので、私のような無知な人間でも理解できました。授業ですが私の場合は生徒4人のグループレッスンを受講しました。ここで私が思うグループレッスンで受講するメリットとして、いい意味で刺激し合い勉強のモチベーションが上がり、自分では気付けなかった疑問に対して聞くことができる、そしてやはり授業のコストです。小栗先生の授業を受講しネイティブ思考で考える英文法を学ぶことによって、ESLでは身に付かない本質を知ることができ、とても感謝しています。今ではあのスキルゼロだった私が文法に関しては理解できるようになりました。そして、文法を知ることによりスピーキング、リスニングの面でも成長したと実感しております。今、先生と出会ってなかったら私は英語の理解に苦しんでいただろうと思います。そして、当たり前の事なのですが語学を習得するには、復習にかける時間が重要だというのが改めて実感しました。授業が終わった今は毎日授業で使ったテキストを使い毎日復習に励んでいます。このテキストもとてもわかりやすく文法について書いてあるので、言わば英文法のバイブルです!!
「英語は難しくない!!やればできる!!」というこの先生の言葉が、今の僕の英語学習においてのモチベーションになっています。

本当に先生ありがとうございました。

ネイティブが感覚で使う文法をわかりやすく小島勇紀さん

小島勇紀さん

小島勇紀さん

僕は先生の英語の授業に引き込まれた一人です。英語がすごく好きで勉強したくて、バンクーバーに来た訳じゃありませんでした。元々は、美容師の仕事を海外ですることを目的で来ました。英語は初めにわからなくても、使っていくと慣れてくるから大丈夫。と、英語に詳しい人に教えてもらい、特に準備をすることもなく、バンクーバーでの生活がはじまりました。
英語は使っていくと慣れてくる。。この言葉に間違いはなかったです。けど、ネイティブが話す言葉をそう使うんだと知れば知る程、なぞが深まるばかりでした。iaxsで受講を始めるとその中でどうしても消化しきれないところが見えてきました。
それが、文法です。前置詞 「for」と「to」の違い。for youとto you。なんで使い分ける必要があるのか。今までに理由をはっきりと説明してくれた先生はいませんでした。
あと、小栗先生は常にその状況をイメージすることが大事。ということ。さらに、自分の出来事に置き換えてイメージして、英語を使うとよりわかりやすく身に付くと教えてくれました。毎時間、先生との授業は発見の連続でした。英語の本質を知る大切さ、そこを知ってからの英語を通してのコミュニケーション。先生の授業をはじめてから、英語をあやふやにしていたものが、楽しさに変わりました。今は、もっとボキャブラリーを増やして会話に幅を持たせたいです。そして、将来的に英語圏の人たちとビジネスができるように活かして発展させたいです。
先生の授業は、英語の本質、ネイティブが感覚で使う細かな文法をわかりやすく教えてくれる授業です。英語でモヤッとしている方には、きっとスッキリの助けをしてくれる先生だと思うのでオススメです!

ネイティブの考え方とそのプロセスを丁寧に喜田 麻衣子さん

喜田 麻衣子さん

喜田 麻衣子さん

トライアルレッスンを受けさせていただいた時に「そうだったのか!」という大きな衝撃を受けました。日本で英語の文法を教えてもらった時は「なんでだろう?」という疑問をいだいた事もありましたが「こうなんだ、覚えなさい。」と教えられました。ESLに通って教えてもらったこと、ネイティブが使うから正しいんだということで納得した気になってたことも、ちゃんと理由があるんだ!って、初めて教えて教えてもらいました。小栗先生の授業で、やっと「理解できた 」と思えました。一番知りたかった「なんで?」の部分を、ネイティブの考え方とそのプロセスを丁寧に教えていただけたからです。言葉、語順が変われば意味やそれを表すシーンが変わること。その意味を、わかりやすく教えていただきました。
もっと早く小栗先生の授業を受けたかった、そしてもっといろいろ教えて頂きたいと思いました。
短期間で一気に脳が動きました。バンクーバーに来て、先生の授業を受けさせてもらえて、本当によかったです。
ありがとうございました。
授業で使ったテキストを読み返し、自分のものにしたいと思います。

へぇーそーやったんや!生徒Aさん

生徒Aさん

生徒Aさん

“へぇーそーやったんや!”
これが、小栗先生の授業を受けた時の感想です。とってもシンプルでわかりやすい!先生から教わった英語のメソッドはまさに私には目から鱗のことばかり!今までの英語の授業では教わったことがない、又は記憶に留まらず、すっと聞き流していたことのような気がします。“あーもっと早く知りたかった”と授業の都度思いました。
小栗先生の授業を受けてからは、今まで平坦に見えていた本の英文が生き生きと表現しているように感じられ、英語の読解力を上げるために読んでいたものが、心から自分が読みたいと思って楽しめるようになりました。そして今までさりげなく聞いていたネイティブ同士の会話が、その言葉に含まれる思いが少しづつですが、感じられるようになり、意識して英語を聞くようになりました。日本語の一言一句に話し手の思いが含まれているように、英語にもしっかりあったのです。そんな当たり前のことなのに、英語力をあげるためにと必死になるあまり忘れていた一番大事なことでした。小栗先生は私の英語に対する苦手意識、限界を感じる思いを吹き飛ばしてくれました。英語に限界を感じるのは楽しくないから・・そんな思いでいくら多くの英語を読んで、聞いて、インプットしても全然入ってこない・・・そんなスランプに英語の本当の意味がわかる楽しさを再び感じることが出来ました。カナダのバンクーバーに2年半滞在し、帰国寸前でしたが、先生の授業を受けることが出来、本当にラッキーだったと思います。なぜなら日本で小栗先生のように、学校では教えてくれない英語メソッドを教えてくれる先生を探すのは皆無だと思ったからです。もしカナダに到着してすぐに先生の授業を受けていたら、私のカナダでの英語での生活も変わっていたかも?とも思いますが、すべてはタイミング!今は日本で今までとはまったく違う感覚で、英語を楽しんで聞く、読む生活をしています。でもこれから海外生活をされる方にはぜひ先に小栗先生の授業を先に受けられることをお奨めします。その後の海外生活で目に見る、聞こえる英語のとらえ方が180度変わるからです。今までは英語を聞かないとー!というストレスがありましたが、今ではもっと聞きたい!見たい!という気持ちが出てきて、毎日英語に触れるのを楽しんでいます。

ネイティブの感覚を解りやすく板橋良美さん

おもしろそう。この方法なら私にも理解できるかもしれないなー。と、ふとこのホームページを見つけた時に思いました。中学英語もほとんど忘れている私が、再度英会話を勉強するにあたってSpeakingやLisningから勉強をし始めるよりも、まずは文法から改めて勉強する必要があると私は感じていました。
そして私は、インターネットで色々検索し始め、たまたまこのホームページを見つけ、日本からバンクーバーまでやってきました。バンクーバーに来た理由はいくつかありますが、文法を教わるのはこの先生しかいないという強い思いを持ってやってきました。
授業を受けてみると思っていた以上に面白く、教えてもらうというよりは、先生と一緒になって考える形で授業が進みます。
ネイティブの頭の中がどうなっているのか、彼らはどのように考え言葉を発しているのかを常に意識しながら授業が進むので、とても楽しいです。
授業では、ネイティブが無意識に使い分けている細かい英語表現の違いや、
ネイティブの感覚を解りやすく教えてくださるので、自分の中にネイティブの考え方や感覚が身についていくような感覚を味わうことができます。
一つの短い英語の文章でも、文章としてみるのではなく、その文章がどのような時に使われ、どのような状況で発せられたのか、までを考えるので一つの文章をとってみても深いことに気がつきます。
日本語に訳してしまうと同じ文章になってしまう、willと be going toの違いも二つ表現があるということは、必ずそこに意味があるということ。細かい表現の違いを丁寧に納得するまで教えてもらえるので、毎回スッキリ感が味わえます。日本で習う英語の授業がいかに受験のための授業であったのかということに気がつくと思います。
バンクーバーまで来て、何故日本人の講師に英語の文法を教わるの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、そんな考えは授業を受けた途端どうでもいいことに気がつくと思います。私は、無意識で使っている日本語をネイティブにわかりやすく日本語で説明することは簡単なことではないと
思っています。無意識で使っているものほど説明するのが難しいと私は思います。
例え、ネイティブの先生が無意識で使っている英語を英語で説明することができたとしても、それを私が100%理解することはできません。その細かい点を日本語で丁寧に教えてくれるのが小栗先生です。
英語という言語に対してここまで熱心に真正面から向き合って研究している先生に、私は初めて出会いました。LisningやSpeakingをいくら積み重ねても英語の本質を知っていて、積み重ねるのと知らないで積み重ねるのでは、その後の質がだいぶ変わってくると思います。小栗先生の授業を受けて今まで持っていた英語に対する考え方や感覚が私は崩されました。
もっと知りたい!英語って面白い!この感覚を一人でも多くの人に味わってもらいたいと願っています。是非このメソッドを体験してみてください!

英語学習に対するモチベーションが上がりました柴田奈津子さん

柴田奈津子さん

柴田奈津子さん

小栗先生の授業を受けてから英語の学習方法が変わりました。例えば新聞を読む時、今までは知らない単語が出てきたら辞書で調べるだけで、特に文法を気にしていませんでした。しかし今ではなぜ書き手はこの前置詞、時制を使っているのだろうと文法を意識して読むようになりました。そうすることによって、より書き手の頭の中に入っていきやすくなり、場面や状況をリアルに感じ取ることができるようになりました。一つの記事から得る情報量が今までよりずいぶん増えたと思います。 毎回の授業が新発見です。頭にスイッチが入って、英語学習に対するモチベーションが上がりました。お話上手なうえ、生徒からの質問を楽しみにしている先生なのでとても良い環境で英語を学べます。今までもやもやしていた疑問がクリアになってすっきり授業を終えることができます。今から英語を頑張ってみようと思っている方、受験勉強でかなり英語を勉強された方、大学で英語を学んだ方、新しい感覚で英語を学んでみると英語がもっと楽しくなりますよ。

生徒がわかるまで、一つ一つを丁寧に籾山 紗侑里さん

籾山 紗侑里さん

籾山 紗侑里さん

小栗先生の授業は感動の連続でした。
日本の英語教育では教えてくれない根本的なもの、ネイティブが意識しないでやっていることを習うことができます。例えば、日本語の主語で使う「が」と「は」の違いをわたしたちは無意識で使い分けてますよね?そぉーいった微妙な使い分けを教えてくれるんです。しかも、みんなが「?」と思うところをイメージでわかりやすく、ひとつひとつ理解するまで根気強く小栗先生は教えてくれました。生徒がわかるまで、一つ一つを丁寧にです。
本当に素敵な先生です。
授業はすごく洗練されてます。先生は自覚してないようですが、先生のお話もとっても面白いんです☆
小栗先生のおかげで英語がもっと大好きになったし、文法をしっかり理解することができたので、これでわたしの夢「英語が話せる保育士」に一歩前進しました。

本当に楽しい英語の時間をありがとうございました。

衝撃的そして革命的な小栗式メソッド正木 英里さん

カレッジで使える英語を求めて

中・高・大と受験英語だけしか勉強してこなかった私が、なぜか仕事で英語を使わないといけなくなり、英語を伸ばすにはまずは留学だと軽い気持ちで来たバンクーバー。しかし、世の中は甘くないですね。カレッジに通い始めてネイティブさんと話す機会が増えるたびに、彼らに”あなたの言ってるのはこういう意味だよね?”と言いなおされる始末。
例えば、今、どこで待ってるの?と電話で聞かれ、スターバックスだよって答えると、at the starbucks or in the starbuks? なんて聞かれるんです。
小栗メソッドを聞く前は(どっちでも同じやん~なんて)心の中で思っていましたが(笑)、クラスメイト(ネイティブ)にとっては全然違う意味になっちゃうんですね。こんなこと受験英語で習ったっけ??
なんて頭の中は、はてなマークだらけになりました。本当に小さい事なのに意味は大きく変わってくるという、モヤモヤした感覚を持ちながら、まっいいか~。通じるから~なんてカレッジ生活を送っていました。でも、そんな時小栗先生の噂を聞いたのです。”革命的な文法を教えてくれるよ。英語のモヤモヤした気持ちが取れるよ。” なんていう噂です。半信半疑で受講したトライアルで私は衝撃を受けました。こんな英語文法、教わった事ない。す ごすぎる!!!
そして、授業後に色々と顔から火が出る思いもしました(笑)。なぜなら、私は今まで失礼な英語を堂々とクラスメイト達(ネイティブ)に使ってしまっていた事がわかったからです。なんでもっと早くに小栗式メソッドに出会えなかったんだろうなんて思いました。
小栗ワールドの授業ではネイティブさん達にしかわからない、感覚のような英語、受験英語では教わらない英語がマジックの種を教えてもらうかのようにすーっと頭の中に入ってきます。授業が終わる頃には、ネイティブさんの細かいニュアンスもわかってきます。このネイティブさんはとても素敵なロマンチックな言葉を使うとか、このネイティブさんはイジワルな人だとか(笑)です。性格まで細かい言葉から伝わ ってくるんですよね~。本当に面白いです。
私は、この小栗式メソッドは日本英語教育の革命的メソッドだと思っています。小栗先生のお人柄も小栗ワールドの魅力の一つだと思いますが、百聞は一見に如かず です。ぜひ、小栗ワールドに浸ってみてください。
小栗先生本当にありがとうございました。

何で?っていう疑問が溶けていくのがおもしろかった福本 優子さん

留学生活も終盤に入ったころ 自分の英語力を振り返り、何かが足りていないと思い 文法をもう一度習いたくて 受講を決めました。先生の授業は 普通の文法の授業とは 少し違い、 ネイティブの頭の中を知り 考え方を知る とても おもしろい授業でした。 何で? っていう疑問が 溶けていくのがとてもおもしろかったです。暗記の英語から本質を知る英語。英語は 言語であり 文化の一部であるし、留学生活にも慣れ、北米文化を肌で感じていた時だったので 授業が さらに 奥深く感じました。 言葉も文化なんだなぁと。そして 今まで日本で習ってきた文法は 表面的なものだったことを知りました。特に受験で丸暗記、書き換えで覚えさせられていた勉強が、なぜそうなるのか 理解できた時は 「そうだったのかぁ!知らなかった!」の連続でした。特に、文末焦点の原則 は 英語を理解する上で とても大切なことを知りました。また、わからなかった 仮定法や、前置詞の項目が わかりうれしかったです。でも先生の教える文法の 英語脳作りは すぐに身につけることは できません。先生の授業は頭で描けるようになることが重要です。 言葉は リアルに話されているのだから その状況を頭に描くのです。なかなか浮かばなくて、わからない時もありましたが、 それに 気付けたときは 驚きと 英語の知らなかった深い世界を知った喜びとで 英語がさらに おもしろくなりました。そして コミュニケーションももっと深いものになると思いました。これからも、英語脳を鍛えるために 先生のテキスト大切にし、疑問に思ったら 見直し、ネイティブの脳に少しでも近づけるように心がけていきたいです。
バンクーバーという環境にいる中で なぜ 日本の先生に文法を習うの?と 最初は思う人がほとんどだと 思いますが、先生の授業は ここでしか 受けれない内容です!文法は 学校のESLのクラスでも習うと思いますが、私が感じたのは 日本語と英語の違い を よくわかっている日本人の先生から習う方が よりわかりやすく理解できると 思いました。先生との出会いは 私の英語勉強生活のなかでも とても大きい存在でした。出会いに感謝です。本当にありがとうございました!

英語の面白さや深さを改めて教わったM.M(女性)さん

小栗先生のチューターを終えて。私は小栗先生の授業を20レッスン(40時間)受講しました。トライアルレッスンを受けた時に、目から鱗の英文法の説明を聞き即決しました。文法の説明はもちろん、言語の考え方・歴史的背景等にも触れながら授業が進むため、今までの英語学習とは違う新鮮さを感じました。1コマ2時間のレッスンがあっという間に過ぎてしまいます。また、大人数のクラスではなく1対1のチューターなので、自分のペースでしかも質問も好きなだけできます。私は毎回のレッスンにたくさんの質問を持って行きましたが、先生は全ての質問に対して明確に回答をしてくれました。全てのレッスンが本当に充実していて、英語の面白さや深さを改めて教えて下さった小栗先生に心から感謝しています。

onとかinとかtoってそういう意味だったの?本郷まゆみさん

本郷まゆみさん

本郷まゆみさん

日本では製薬会社で4年間営業をしていましたが、ずっと夢だった英語教師になりたいと思いカナダに留学にきました。
高校生から英語は好きで、大学は英文学科を卒業、留学中は通訳翻訳コースを修了しました。TOEICも目標860点をクリアし、ある程度だけど意思疎通も可能になった自分に満足。このまま教員採用試験を受けようかと思っていた頃、友人から「“on”っていう意味知ってる?」と聞かれ「上にとかかな?」と答えた私に「本当の英語を分かっていない。」と、小栗先生を紹介されました。
トライアル授業で「えっ、onとかinとかtoってそういう意味だったの?もっと知りたい!」と衝撃を受け受講を決意しました。結果は大大大正解。これまで誰も教えてくれなかった、疑問にも思っていなかった英語の使い方、
イメージの仕方を(日本の英語教育では疑問を持つのが難しい、、)小栗先生は気付かせてくれました。この授業を受けずして英語を語ろうなんて思っていた自分が恥ずかしいと思うくらいです。英語が苦手な人はもちろん、好きな人なら尚更、英語が好きになる要素がいっぱいちりばめられています。授業は日本語なので細かいところまでクリアに理解でき、個人レッスンで質問し放題、個人の予定に合わせて授業予定も組んで頂けたのも助かりました。TOEICも帰国前に900点台まで伸ばして頂き、大満足です。
あまり知られていないのが残念ですが、バンクーバーに来られた日本人留学生全員に受けてもらいたいくらい衝撃の英語レッスンです。
小栗先生、本当にありがとうございました。

もっと早くから通っておけば良かった内山とよえさん

内山とよえさん

内山とよえさん

最初はTOEICの解き方だけを教えてもらおうと思ったのですが、トライアルレッスンを受けて文法も教わりたいと思いプライベートレッスンの15回コースをやりました。
まずテキストが分かりやすいので自分で読むだけでほとんど理解することができました。
私の中で苦手意識が強かった関係代名詞も本質を教えてくれたおかげでそういうことだったんだー!ってすっきりすることができました!
帰国前ぎりぎりでiaxsに通い始めたのでもっと早くから通っておけば良かったー!って後悔しました。笑

TOEICスコア
660点⇒790点(130点アップ!)

へぇ~英語ってそういうものなんだ! 高かった英語の敷居が低くなった。中島勲さん

中島勲さん

中島勲さん

「海外に留学すれば嫌でも話せるようになるよ!」。確かに間違ってはいませんが(笑)。こんな言葉を信じてわくわくしながらカナダに来た自分を裏切り、見事に迷走した自分がいると気がついたのは到着してから3~4カ月経ってからのことでした。それまでは毎日ESLで楽しく勉強しながら英語の上達も実感できていましたが、途中から何かが足りてないな~と感じるようになっていました。
「カンバセーションクラブ」でいろんな方との会話をしている時も、今自分が話せていることって自分がきちんと理解できていることだけでいつも同じ話を繰り返していてそれ以上は話せないんだな、と気付いてから何とかしなければと思うようになりました。ですが、現実にはどうすれば自分の壁を超えられるのかがわからないまま時間が過ぎていく中で、先生の英語に触れる機会があり、個人での授業を受けることに決めました。
先生から教わる英語は今までと全く違うもので、自分が考えもしなかった「なるほど!」の連続だったことが記憶に残っています。
イコール文の書き換えも言葉が違えば必ず意味が変わる、カンマがあるとないとでは意味が正反対、同じ意味合いの文でも語順が違えば話し手のイメージも変わる。毎回、授業を受ける前から「今日も新しい面白い何かが必ず理解できるんだな」という確信とわくわくの中で英語を勉強するモチベーションが上がったのは自分の中での大きな転換でした。
少し違った目線で見ると、新しい言語を学ぶこととは自分達の言語との違いを学ぶことや、その言語の歴史・文化・国力まで表すことを知り、英語の文法はシンプルであるがゆえに完璧で美しい言語であると分かったこと=変に難しいものではない、そして英語に対する敷居も低くなり見方が180°変わったのと同時に、自分が英語を勉強する必要性がどこにあるのかを再認識でき、これからどう勉強していくべきかまで分かりました。そのような英語の上達に直接関係なさそうな私の質問にも先生は1つ1つ丁寧に答えてくれたので、他では聞けないような質問でも遠慮なく聞くことができ、このような答えにも辿りつけのだと思います。そして、英語の勉強のためのモチベーションを高く保つことがどれだけ大切かということにも気がつきましたし、日本人には日本人なりの英語を勉強する順番があるんだということを知ることもできました。
先生の言う、英語の基礎のさらに下であるファンデーション部分を勉強できたことは、自分の英語力を上へジャンプさせるためのバネの強化であったと感じています。以前までの勉強方法では今でも日本人の思考感覚のまま、何となく理解できたような気になっていただけではないかと思います。
ネイティブに「これはナゼ?」って質問しても、「ルールだから」みたいな、小さい頃から自然に感覚で使ってきた文法や言葉の使い分けってうまく説明ができないことって日本人にもあると思うんですよね。ネイティブも決して例外ではなかったので、そんな「ナゼ?」を解決してくれるのがこの授業の特徴だとも感じました。日本人の思考感覚のままでもネイティブはもちろん理解しようと努力してくれますが、英語を使って将来何かを成し遂げたいとしっかりとした目標がある方には、とても効果的な授業になると思います。
先生は決して「英語は簡単に学べる」とか「楽して覚えられる」などとは一言も言いませんでした。ですが、「決して難しくはない」や「復習を繰り返して英語をやり続けた人は必ず到達できる」と勇気付けてくれたことは嬉しかったですね。自分もこの言葉に励まされながら授業を通して、簡単に学べるものは無いことも確信しつつ余計な迷いも消えたので、とにかく繰り返し勉強し続けることが一番の近道である「おけいこ事」でもあると知ってから英語の価値観を変えることができたのは、とてもいい経験であり幸運でした。
ただ1つ自分への不満を言えば、もっと早く知っていれば、さらにカナダでの有意義な勉強ができたのではないかということですね(笑)。

英語に対する苦手意識は薄れ、英語を学ぶことが楽しくなっていきました野澤みのりさん

野澤みのりさん

野澤みのりさん

学生の頃私は英語が大嫌いでした。しかし、海外旅行に行き英語がわかれば、もっと現地で情報を得られもっと旅行を楽しめるなと感じ英語を話せるようになりたいと思うようになりました。日本にいたらこのまま勉強しないだろうと思い、ならいっそ海外に行っちゃえ!と考え留学を決めました。留学直前、送別会で友達がサプライズで用意してくれたデザートプレートに書かれたHave funの意味も分からなかったほどです。しかし小栗さんを知り、英語を基礎からしっかりと学んだことで今では簡単なエッセイであれば書けるようになり、友達とのメールのやりとりも辞書を片手にしなくても不自由なく出来るようになりました。現地の友達は、君の英語(writing)は上手だねと褒めてくれます。私は暗記科目がとても苦手です。以前は英語も全て暗記だと思っていたため苦手意識も余計高くなっていたように思います。しかし、小栗さんの授業を受け、英語で考える脳について学ぶことで、全て暗記することよりもまず思考回路を英語に切り替えることの方が大切だと知りました。その結果、私の英語に対する苦手意識は薄れ、英語を学ぶことが楽しくなっていきました。私はカナダに来る以前に友人の紹介があり、カナダに来た直後から通うことができ、とってもラッキーだったなと思います。まだまだ理解できないことも多いですが、テキストを振り返りながら、これからも頑張って勉強に励みたいと思います。
本当にありがとうございました。